財産分与を弁護士に依頼するメリット

財産分与を弁護士に依頼するメリット

この記事を読むのに必要な時間は約3分5秒です。
1. 財産分与を争う場合の大変さ
財産分与は離婚条件の中で、最も争われる問題の一つであり、交渉が困難になりやすい問題です。特に、不動産や株式、退職金など、資産が多岐になるほど、その傾向があります
また、相手が離婚に合意しておらず、財産開示に応じてもらえない場合や、特有財産(婚姻前から片方が有していた財産や婚姻中であっても夫婦の協力とは無関係に取得した財産のこと)の主張・立証が必要になる場合など、単純な手続きだけでは解決できないケースも往々にしてあるのです。


2. 弁護士に依頼すると、財産の正確な把握が可能になる。

財産分与の問題を弁護士に依頼することで、把握すべき財産の種類と、把握方法についてアドバイスを受けることができます。相手が情報開示に応じない場合は、弁護士照会を利用することによって、相手の財産を正確に把握することが可能です(給与金額や預貯金残額、保有株式など)。
まだ離婚することを決めていない段階でも、まずは弁護士に相談をして、把握しておくべき財産資料と注意事項について理解しておくことがおすすめです。


3. 弁護士に依頼すると、2分の1より多くの財産を獲得できる可能性がある。

財産分与は、財産を2分の1ずつ分けることが原則ですが、状況によって、それ以上の財産を獲得できる場合があります。そのため、財産分与における交渉のポイントがわからないままご自身で進めてしまうと、獲得できたかもしれない財産を相手に取られてしまう可能性があるのです。
また、離婚の手続きが調停に移行した場合、相手方だけではなく、調停委員とのやり取りもポイントになってきます。こちらの主張が法的根拠に基づいていない場合や、まとまりのない主張になっていると、調停委員にこちらの要望を聞き入れてもらえないことが多々あります。そのため、調停で財産分与を争う場合は、交渉のプロであり、調停委員とのやり取りに慣れている離婚に注力する弁護士へご依頼されることをお勧めいたします。
特に、相手方に弁護士が付いている場合は、こちらに不利な結果で終わる可能性が非常に高くなりますので、ご自身も弁護士に依頼することを強くお勧めいたします。


4. 弁護士に依頼すると、時間の節約になり、精神的ストレスの軽減にもつながる

前述のように、自分が望む財産分与を実現するためには、多くの資料を揃え、相手との交渉力に長け、場合によっては調停委員とのやり取りも上手くこなさなければなりません。そのために、情報収集や資料収集に多くの時間を費やす必要があります。また、相手との交渉は精神的にも大きなストレスとなります。
しかし、弁護士に依頼しておくことで、情報収集のために割く時間の節約になり、交渉も弁護士が行うため、交渉によりかかるストレスはゼロとなります。その分、離婚後の生活準備に時間をさけるようになり、離婚後の生活設計ができていると、精神安定にもつながります。

The following two tabs change content below.
フロントロー法律事務所

フロントロー法律事務所

フロントロー事務所は大阪・北浜にある法律事務所です。 大阪で、弁護士の経験を10年以上有している弁護士が複数在籍しており、離婚問題や慰謝料問題に豊富な経験と実績を有しています。 特に浮気や不倫による離婚問題・トラブルでお悩みのお客様に、新しい生活に向けた最適な戦略をご提案いたします。
フロントロー法律事務所

最新記事 by フロントロー法律事務所 (全て見る)

離婚問題を弁護士に相談するメリット

お客様の声

初回相談30分5500円

離婚問題でお悩みの方
お気軽にご相談ください

06-7506-9093

土日祝もLINE&問合せフォームで受付中

良い弁護士を見つけるために弁護士選びのポイント

〒541-0045
大阪市中央区道修町1-6-7
北浜MIDビル11階

大阪・北浜駅 徒歩1分
なにわ橋駅 徒歩5分
淀屋橋駅 徒歩10分

受付時間/平日9:30~17:30
相談時間/平日9:30~18:00

相談票ダウンロード

CONTENTS