調停を取り下げた場合でも,離婚裁判を起こせるか

調停を取り下げた場合でも,離婚裁判を起こせるか

離婚に関する裁判手続には,「離婚調停」と「離婚訴訟」があります。

離婚調停も,離婚訴訟も,家庭裁判所で行う手続です。

どちらの手続きからおこなってもいいわけではなく,まずは調停の申立てをしてからでないと,訴訟を提起することはできません(「調停前置主義」といいます)。

これは,離婚が家庭に関する争いであることから,まずは,夫婦間での自主的な解決が期待されているため,話合いによる解決を図る調停手続からスタートさせるのが望ましい,という考え方に基づきます。

離婚調停の期日を重ねても,夫婦間で離婚の合意ができない場合は,調停は不成立となり,離婚訴訟を提起することができます。

では,調停を申し立てた人(申立人)が調停を取り下げた場合には,離婚訴訟を提起することはできるのでしょうか。

取り下げ前の調停で実質的な調停活動が行われている場合には,調停前置の考え方に沿うことから,離婚訴訟を提起することができます。

他方,調停を申し立てた後すぐに取り下げたような場合には,離婚訴訟を提起することができない可能性が高いです。

 

The following two tabs change content below.
フロントロー法律事務所

フロントロー法律事務所

フロントロー事務所は大阪・北浜にある法律事務所です。 大阪で、弁護士の経験を10年以上有している弁護士が複数在籍しており、離婚問題や慰謝料問題に豊富な経験と実績を有しています。 特に浮気や不倫による離婚問題・トラブルでお悩みのお客様に、新しい生活に向けた最適な戦略をご提案いたします。
フロントロー法律事務所

最新記事 by フロントロー法律事務所 (全て見る)

離婚問題を弁護士に相談するメリット

お客様の声

初回相談30分5000円

離婚問題でお悩みの方
お気軽にご相談ください

06-7506-9093

土日祝もLINE&問合せフォームで受付中

良い弁護士を見つけるために弁護士選びのポイント

〒541-0045
大阪市中央区道修町1-6-7
北浜MIDビル11階

大阪・北浜駅 徒歩1分
なにわ橋駅 徒歩5分
淀屋橋駅 徒歩10分

受付時間/平日9:30~17:30
相談時間/平日9:30~18:00

相談票ダウンロード

CONTENTS