離婚協議,離婚調停をするには別居する必要があるのか

離婚協議,離婚調停をするには別居する必要があるのか

離婚協議,離婚調停で話合いを進めていくにあたって,必ずしも別居しなければならないわけではありません。

しかし,離婚協議を夫婦で直接おこなうことができないような関係になっている場合には,代理人弁護士を通じて離婚協議をおこなうか,離婚調停で話合いを進めるか,という選択をすることが通常です。
この場合,同居していると,たとえば,離婚調停に出席する場合,夫婦とも自宅から裁判所へ出頭して,同じところへ帰宅するということになり,そのような状況に違和感を抱くという方が多いのが実情です。

別居をすることで配偶者と接触せずに,代理人弁護士を通じた協議や調停での協議を進めることができ,精神的負担は減ります。

また,決定的な離婚原因がないケースでは,別居を開始した時点から相応の期間が経過すれば,その他の事情も考慮されたうえで,婚姻関係は破綻したものと評価されて,裁判離婚が認められる場合もあります。

夫婦で直接,離婚協議をおこない話合いがまとまらない見通しである場合には,別居をしたうえで,代理人弁護士を通じてか,または,離婚調停で離婚の話合い進めていくほうがよい場合があります。

The following two tabs change content below.
フロントロー法律事務所

フロントロー法律事務所

フロントロー事務所は大阪・北浜にある法律事務所です。 大阪で、弁護士の経験を10年以上有している弁護士が複数在籍しており、離婚問題や慰謝料問題に豊富な経験と実績を有しています。 特に浮気や不倫による離婚問題・トラブルでお悩みのお客様に、新しい生活に向けた最適な戦略をご提案いたします。
フロントロー法律事務所

最新記事 by フロントロー法律事務所 (全て見る)

離婚問題を弁護士に相談するメリット

お客様の声

初回相談30分5000円

離婚問題でお悩みの方
お気軽にご相談ください

06-7506-9093

土日祝もLINE&問合せフォームで受付中

良い弁護士を見つけるために弁護士選びのポイント

〒541-0045
大阪市中央区道修町1-6-7
北浜MIDビル11階

大阪・北浜駅 徒歩1分
なにわ橋駅 徒歩5分
淀屋橋駅 徒歩10分

受付時間/平日9:30~17:30
相談時間/平日9:30~18:00

相談票ダウンロード

CONTENTS