不倫・浮気を理由とする慰謝料請求が認められるためには③(故意・過失)

不倫・浮気を理由とする慰謝料請求が認められるためには③(故意・過失)

この記事を読むのに必要な時間は約1分54秒です。
配偶者が不倫・浮気をした場合,その不倫相手に慰謝料請求をするためには,主に,以下の要件(条件)が必要です。

1 配偶者と不倫相手が,婚姻期間中に肉体関係またはそれに類似する行為をしたこと
2 不倫相手が,婚姻関係があることを上記1の行為時点で知っていたこと
3 上記1の行為の時点で,夫婦関係が破綻していなかったこと

2について,不倫相手が,配偶者が婚姻していることを知っているか,知り得たという場合でなければ,不法行為とはなりません。
たとえば,あなたの夫が,不倫相手の女性と交際を始めたけれども,夫は,自分が結婚していることを隠していたような場合には,不倫相手の女性は,不倫をしているという認識ではなく,独身男性と交際しているという認識しか持ちません。
そのような場合には,不倫相手の女性には責任を問うことができません。
ただ,不倫相手の女性が,注意すれば,その交際相手が結婚していることがわかったような場合には,故意はないけれども過失があるものとして,責任を負うこととなります。

不倫相手が,婚姻の事実を知っていたまたは知り得たということについては,慰謝料を請求する側が立証しなければなりません。
不倫相手の主観を,客観的な事実,状況などから立証することも必要な場合もあり,この点は,難しいことがよくあります。

それもあってか,不倫相手からは,「結婚しているとは知らなかった。聞かされていなかった」という言い訳,反論がよくでてきます。

しかし,直接的な証拠がない場合であっても,様々な事実や証拠を重ねることでこのような反論が認められないようにすることが可能な場合はあります。
どのような事実や証拠が必要かについては,ケースによって異なりますので,弁護士にご相談ください。

The following two tabs change content below.
フロントロー法律事務所

フロントロー法律事務所

フロントロー事務所は大阪・北浜にある法律事務所です。 大阪で、弁護士の経験を10年以上有している弁護士が複数在籍しており、離婚問題や慰謝料問題に豊富な経験と実績を有しています。 特に浮気や不倫による離婚問題・トラブルでお悩みのお客様に、新しい生活に向けた最適な戦略をご提案いたします。
フロントロー法律事務所

最新記事 by フロントロー法律事務所 (全て見る)

離婚問題を弁護士に相談するメリット

お客様の声

初回相談30分5500円

離婚問題でお悩みの方
お気軽にご相談ください

06-7506-9093

土日祝もLINE&問合せフォームで受付中

良い弁護士を見つけるために弁護士選びのポイント

〒541-0045
大阪市中央区道修町1-6-7
北浜MIDビル11階

大阪・北浜駅 徒歩1分
なにわ橋駅 徒歩5分
淀屋橋駅 徒歩10分

受付時間/平日9:30~17:30
相談時間/平日9:30~18:00

相談票ダウンロード

CONTENTS