婚姻費用の支払義務者の年収が2000万円を超える場合

婚姻費用の支払義務者の年収が2000万円を超える場合

この記事を読むのに必要な時間は約1分3秒です。
夫婦には,互いに同居義務,扶助義務があります。
原則として,別居をしている場合でも,離婚に至るまでの間,夫婦の生活費については,その資産・収入・社会的地位等に応じ,通常の社会生活を維持するために,夫婦が互いに分担しなければなりません(婚姻費用の分担)。

婚姻費用の算定にあたっては,実務上,金額の基準を定めている「婚姻費用算定表」が用いられています。

「婚姻費用算定表」には,義務者(婚姻費用を支払う側)の年収が2000万円を超える場合(事業所得者は,事業所得が1409万円を超える場合)について,定められていません。
この場合は,個別具体的な事情について考慮しながら婚姻費用を定めることになります。
個別具体的な事情としては,従前の生活実態を踏まえて,税金の負担額,貯蓄率,特別経費等を考慮することになります。
婚姻費用を定めるにあたって,どのような事情を考慮するかはケースによって異なりますので,弁護士にご相談下さい。

The following two tabs change content below.
フロントロー法律事務所

フロントロー法律事務所

フロントロー事務所は大阪・北浜にある法律事務所です。 大阪で、弁護士の経験を10年以上有している弁護士が複数在籍しており、離婚問題や慰謝料問題に豊富な経験と実績を有しています。 特に浮気や不倫による離婚問題・トラブルでお悩みのお客様に、新しい生活に向けた最適な戦略をご提案いたします。
フロントロー法律事務所

最新記事 by フロントロー法律事務所 (全て見る)

離婚問題を弁護士に相談するメリット

お客様の声

初回相談30分5500円

離婚問題でお悩みの方
お気軽にご相談ください

06-7506-9093

土日祝もLINE&問合せフォームで受付中

良い弁護士を見つけるために弁護士選びのポイント

〒541-0045
大阪市中央区道修町1-6-7
北浜MIDビル11階

大阪・北浜駅 徒歩1分
なにわ橋駅 徒歩5分
淀屋橋駅 徒歩10分

受付時間/平日9:30~17:30
相談時間/平日9:30~18:00

相談票ダウンロード

CONTENTS