不貞の慰謝料を請求された場合

不貞の慰謝料を請求された場合

この記事を読むのに必要な時間は約1分54秒です。
不貞の慰謝料を請求された場合

不貞の慰謝料を請求された場合,どう対応すればいいでしょうか。
以下では,
X:夫
A:Xの妻
Y:Aの不貞の相手方男性

として,Yがすべきことについてご紹介します。

まずは,以下の観点から,慰謝料が発生するか否か検討する必要があります。

・AとYの間に肉体関係がなかった
肉体関係がない場合,Xの夫としての権利を侵害したとまではいえないことがほとんどです。

・XとAの夫婦関係が破綻していた
XとAの夫婦関係が破綻していた場合には,AおよびYの肉体関係により,Xの夫としての権利を侵害したとはいえません。

・Yは,Aが結婚していたことを知らなかった
不貞の慰謝料の支払い義務が生じるには,不貞の相手方が結婚していたことを知っていた,もしくは知らなかったことに落ち度があることが必要です。
Yが,Aが結婚していたことを知らなかった場合には,不貞の慰謝料の支払い義務は生じません。

以上の点に,少なくとも1つ当てはまる場合には,不貞の慰謝料を支払う必要がない可能性がありますので,弁護士にご相談下さい。

また,不貞の慰謝料を支払う義務がある場合にも,慰謝料の額についてXが主張するどおりの額でいいか,検討する必要があります。
不貞の慰謝料の額は,
・AがYとの不貞が始まった時点でのXとAの夫婦関係
・AとYとの情交関係の内容
・AとYとの不貞関係によってX・A夫婦および子に与えた影響
等,様々な事情を考慮して決められます。特に,不貞の期間が長期にわたる場合X・A夫婦が離婚に至った場合には,慰謝料が高額になる傾向があります。

慰謝料の算定にあたっては,様々な事情を総合して判断しますので,一度,弁護士にご相談下さい。

The following two tabs change content below.
フロントロー法律事務所

フロントロー法律事務所

フロントロー事務所は大阪・北浜にある法律事務所です。 大阪で、弁護士の経験を10年以上有している弁護士が複数在籍しており、離婚問題や慰謝料問題に豊富な経験と実績を有しています。 特に浮気や不倫による離婚問題・トラブルでお悩みのお客様に、新しい生活に向けた最適な戦略をご提案いたします。
フロントロー法律事務所

最新記事 by フロントロー法律事務所 (全て見る)

離婚問題を弁護士に相談するメリット

お客様の声

初回相談30分5500円

離婚問題でお悩みの方
お気軽にご相談ください

06-7506-9093

土日祝もLINE&問合せフォームで受付中

良い弁護士を見つけるために弁護士選びのポイント

〒541-0045
大阪市中央区道修町1-6-7
北浜MIDビル11階

大阪・北浜駅 徒歩1分
なにわ橋駅 徒歩5分
淀屋橋駅 徒歩10分

受付時間/平日9:30~17:30
相談時間/平日9:30~18:00

相談票ダウンロード

CONTENTS